一括お問合せ
萩温泉旅館協同組合 萩市内の21施設からご紹介致します。
 萩温泉旅館協同組合 ≫ 観光案内 ≫ 伊藤博文いとうひろぶみ旧宅
各旅館紹介 最新情報 旅館紹介 観光情報 アクセス ご予約について 萩温泉旅館協同組合

伊藤博文いとうひろぶみ旧宅■  松陰神社・東光寺周辺マップ

 吉田稔丸よしだとしまる誕生地 より、松本新道を東に約100メートル向かうと、分かれた路地があります。 その路地に入ると、 茅葺かやぶきの小さな家が見えます。 この家が、松陰の門下生のひとり伊藤博文の旧宅です。

 博文は1841年(天保十二年)、 熊毛くまげ束荷つかり村 (今の山口県 大和やまと町束荷)に生まれました。  父親の名前が林十蔵、母親の名前は琴子といい、博文の幼い時の名前は 林利助りすけ でした。最初は、父親の十蔵が萩藩の 中間ちゅうげん、伊藤家に奉公にきていました。 博文が九才の時、父十蔵を頼って、母子ともに萩に移ってきました。 萩に来てからの博文は、法光院(現在の円政寺)で、寺の雑用をしながら、読み書きを習ったり、 萩の上級武士の子どもの奉公をしたり、大変な苦労をしています。
 父親も母親も伊藤家の奉公人でしたが、伊藤家に跡継ぎがいませんでした。 博文が十四歳の時に、父親の十蔵は、伊藤家の養子となり、利助も伊藤利助と名乗るようになります。 その後、伊藤利助は利介、利輔、博文と名前が変わります。
 博文は十八歳の時に松陰の門下生となり、高杉晋作らとともに志士として活躍しました。 松陰は博文のことを、「なかなかの政治家になりそうな」と見抜いています。

 明治になって、博文は憲法制定の任務につき、初代の内閣総理大臣となりましたが、 1909年(明治四十二年)、中国のハルピンで暗殺されました。 博文の顔は、夏目漱石の新しい千円札の前の札の肖像でよく知られています。

●参考・引用資料『親と子の史跡探訪』萩文化財保護協会

吉田稔丸よしだとしまる誕生地■に 戻るは■伊藤博文いとうひろぶみ別邸■  ■■■目次■■■に戻る

萩温泉旅館協同組合
営業時間 9時〜17時迄
定休日:日曜日
〒758-0044
山口県萩市唐樋町
Phone 0838-22-7599
FAX 0838-24-2202