一括お問合せ
萩温泉旅館協同組合 萩市内の21施設からご紹介致します。
 萩温泉旅館協同組合 ≫ 観光案内 ≫ 青木周弼あおきしゅうすけ旧宅
各旅館紹介 最新情報 旅館紹介 観光情報 アクセス ご予約について 萩温泉旅館協同組合

青木周弼あおきしゅうすけ旧宅■  御成道マップ

 桂小五郎かつらこごろうの 家を少し下ると、青木周弼の旧宅があります。

 青木周弼は、1803年(享和三年)に大島郡和田村(今の山口県 東和町とうわちょう)の 医師 青木げん とう の長男として 生まれました。初めは三田尻(今の防府市)の名医 能美のうみ 友庵ゆうあん洞庵とうあん父子について医学を学ぴ、 のち江戸に出て 坪井信道つぼいしんどう宇田川榛斎うたがわしんさいからも 教えをうけました。医学上の名声が高くなって、第十三代藩主 毛利敬親もうりたかちかに めしかかえられ、明倫館の 好生堂こうせいどう (医学所)の 先生となって西洋医学を広めました。1863年(文久三年)に、六十一才でなくなりました。 周弼は、高杉晋作が十才の時、 疱瘡ほうそうにかかった際に、 診療した医者としても知られています。
 周弼の弟の青木研蔵けんぞうも、 藩の西洋医学界の中心となって活躍し、明治天皇に医者としてつかえました。
 研蔵の養子の 青木周蔵しゅうぞうは、 明倫館で学ぴ、明治時代には外務大臣となって、日本の外交を指導しました。

●参考・引用資料『親と子の史跡探訪』萩文化財保護協会

【青木周弼旧宅】
(有料100円)で公開されています。また、ボランティアガイドの説明も受けられます。。
また、毎年2月から3月にかけて『萩城下の古き雛たち』という展示があり、雛壇が飾られています。

桂小五郎かつらこごろうの家■ に戻る  は ■円政寺えんせいじ■  ■■■目次■■■に戻る
萩温泉旅館協同組合
営業時間 9時〜17時迄
定休日:日曜日
〒758-0044
山口県萩市唐樋町
Phone 0838-22-7599
FAX 0838-24-2202